たまごのさんぽ道

HSPさんが生きやすくなる暮らしのヒント

HSP×ミニマリストが家族の物と付き合う3つの方法

f:id:tama__go:20211208160344p:plain

家族と一緒に住んでいると、家の中には自分の物だけではなく家族の物もたくさんありますよね。

「夫や子どもの物がたくさんあるから、ミニマリストなんて無理だよー!!」

って思う方は少なくないと思います。

  • 旦那さんのゴルフバック
  • 旦那さんの大量のスニーカー
  • 子どものおもちゃ

HSPさんは他人に気を使いすぎて疲れてしまう傾向がありますよね。

私もHSPで、最初は夫の持ち物をどうやって整理や収納していいのか分からず、整理をお願いすることに気が引けていました。

しかし、あまりにも夫の物が多くて悩んでいました。

自分がミニマリストになって、最初にぶち当たった壁が家族の物の整理収納です。

HSPでありミニマリストである私が、どのように家族の物と向き合ってきたのかを紹介します。

今回は、『HSP×ミニマリストが家族の物と付き合う3つの方法』と題して、まとめていきます。

ぜひ、最後までお付き合いください♪

 

 

いらない物に見えても、家族にとっては宝物かもしれない

f:id:tama__go:20211208140100j:plain

皆さんは目の前にある家族の物を見て、どんなことを思いますか。

  • インテリアに合わないから必要ない
  • なんでこんなもの買うんだろう
  • 邪魔だなあ
  • 同じもの何個買うんだろう

以上のようなことを思う方が多いかと思います。

ミニマリストやスッキリした部屋に憧れて、部屋をきれいにしたいのに、家族の物をどうしたらいいのか分からないという悩みを持っている人は少なくありません。

しかし、あなたにとって価値の低い物であっても、家族にとっては大切な物かもしれません。

人それぞれ、物に対する価値観は違うからです。

私はその考え方に気づくまでに、かなり時間がかかりました。

 

夫の買ってきたプロテイン

私は、以前夫が買ってきたプロテインを収納の隅にしまっていました。

(なぜこんな大きな物を買うんだろう。)

(どうせ飲み忘れてそのまま放置されるに違いない。)

と思っていました。

私にとっては、収納スペースをとる必要のない物という価値観で見ていたのです(とんでもない奴)

しかし、パントリーの断捨離をした際、プロテインの置き場を手に取りやすいスペースに移動させて、取り出しやすくしました。

すると、毎日プロテインを飲む習慣がついたようで、夫から「もう少し自分の物の量を見直そうかな」という言葉が出てきました。

家族が持ち物を見直すきっかけになり、さらに生活習慣までも変化するきっかけになったのです。

家族の物を自分の物以上に大切に扱うことは、家の中のミニマリスト化に向けて大きく前進する第一歩になりました。

人に気を使いすぎるHSPさんには、非常に取り組みやすい方法だと思います。

以下は、家族の物と付き合う3つの方法をまとめてみました。

 

1.持ち主以上に大切に扱う

f:id:tama__go:20211208140419j:plain

私は、家族の物は持ち主以上に大切に扱うことを意識しました。

家族が自分の物を丁寧に扱う姿を見て、嫌な思いをする人はいませんよね。

現在、食器棚のコップ置き場には、夫の私物のもらい物のジョッキが一番真ん中の取り出しやすい位置に置いてあります。

夫のジョッキが特別輝くように、周りに余白を開けて丁寧に収納することで、夫も自分の物を大事にしてくれて嬉しいと言っていました。

(今度我が家の食器棚を大公開しますね!)

自分にとっては必要ないと思う物でも、家族にとっては大切な物かもしれません。

一度「これはどこに収納すれば、取り出しやすくて大事に使えるかな?」と家族に質問してみてもいいかもしれません。

 

2.置き場を作ってあげる

f:id:tama__go:20211208135849j:plain

私は、家族の物の置き場を必ず作るようにしています。

置き場を作ってもらうと、「せっかく私物置き場を作ってくれたんだから、きちんとしまわないと」という意識が生まれると夫が言っていました。

私は自分の物が最小限になるまで断捨離してミニマルになりましたが、夫の物が床に落ちているのが気になっていました。

そこで、夫の物の置き場をカゴを置いて作り、そこに入れるようにしました。

カゴは夫と相談してリビング収納の一番入れやすい位置に置いてあります。

「もし物が落ちてたら、勝手にカゴに入れちゃうね。

無くなったと思ったら、カゴから探せばすぐ見つかるから良いでしょう。」

と伝えました。

物が落ちてても、どうしたらいいのか尋ねなくても良くなったというのは、HSPの私にとっても夫にとっても効果的でした。

相手をイライラさせずに、勝手に物をしまうことができます。

相手の物をとびきり大切に扱う精神が身につくと、物が落ちていても私もイライラしなくなったのでオススメです。

 

3.収納のアクション数を減らす

f:id:tama__go:20211208140221j:plain

もしかしたら、皆さんの家族は物をしまうという行動が苦手なのかもしれません。

私ももともと部屋が汚い人だったので、気持ちが非常に分かります。

部屋が汚い人に共通しているのは、物の収納の仕方が分からないという可能性があります。

オススメなのは、収納のアクション数を減らすということです。

物をしまうとき、

物を持つ→クローゼットの扉を開ける→箱のふたを開ける→しまう→ふたを閉める→クローゼットの扉を閉める

という6アクションだと、最初はできていても、だんだんとしまうのがめんどくさくなってしまいます。

そこで、我が家の収納はすべてアクション数を減らすことにしました。

クローゼットの扉を開ける→箱にしまう→クローゼットの扉を閉める

という3アクションだけにしました。

アクション数が減るだけで、物をしまうハードルがぐっと下がります。

一度試してみてくださいね!

 

自分のために家族の物を片付ける

私は、部屋がスッキリする方が自分が気持ち良いと思い、自分のために家族の物もしまう癖をつけました。

HSPは、環境の影響を心身に受けやすいです。

なので、自分の心身が健康でいるために、家族の物を片付けるようになりました。

しかし、勝手に片づけてしまうと相手も嫌な気持ちになりますよね。

なので、家族の物を自分の物以上に大切に扱い、相談して家族の物をしまう場所を作り、私自ら勝手にしまうようにしました(笑)

もし、「なんで家族の物を私が片付けなきゃいけないのか」とイライラするときがあれば、自分の心身の健康のために片付けようという意識を持つと、心が楽になると思います。

人を変えるより、自分を変える方が格段に楽ですよ!

 

家族が持ち物を見直すきっかけに

夫の物をとびきり丁寧に扱うようになって、夫は自分の物の見直しを始めました。

自分な物を丁寧に扱ってくれるなら、物の量を少なくしてもう少し良い物を使うようになりたいと言っていました。

我が家は、今夫婦でミニマリストにどっぷりハマっています(笑)

自分の物だけでなく、家族の物も丁寧に大切に片づけてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

家族の物がどう整理収納していいのか分からないという悩みって意外と多く聞きますよね。

特にHSPさんは、家族に片付けてよ!って強く言えずに悩んでいる人は少なくないと思います。

しかし、逆に片づけてほしいと家族に頼んだり強く言ったりすることは、逆効果です。

相手の感情を敏感に察知するHSPさんは、家族と揉めてしまう未来を察知してなかなか言いづらいのかもしれません。

自分の物を大切に扱われて嫌な気持ちになる人はいないと思うので、ぜひ実践してみてください。

いろいろトライしてみて、疲れたときは無理せずしっかり休んでくださいね♪

HSP×ミニマリストが家族の物と付き合う3つの方法』を最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

 

こちらの記事もどうぞ↓

hsp-tamago.hatenablog.com